gelande
ホーム > ゲレンデ情報 > コースガイド

コースガイド

黒菱オフピステ “裏黒・URAKURO”

黒菱オフピステ
  • 斜度最大31度/平均27度
  • 難易度上級
  • 最長距離800m

黒菱第3ペアリフト北側斜面に設けられた“特別指定区域” 北アルプスのダイナミックな山々を背に、極上のパウダーを味わおう!

白馬八方尾根スキー場エリア内、最高難易度ブラックダイヤモンド!足前自慢は攻略必須!標高約1,600mに位置する“裏黒”の天然雪は、非常に軽くきめ細やか。これぞまさにパウダー!腰パウ!胸パウ!ハイレベルのパウダーランを、スプレー全開!アドレナリン全開!で楽しもう!

黒菱オフピステ“裏黒”入口ゲート(黒菱第3ペアリフト終点北側)
OPEN 10:00/CLOSE 14:00(天候などにより変更あり)

※エリア注意事項
  • ゲートOPEN時のみ、上級のみ滑走可能。(CLOSE時は立入らないで下さい)
  • 黒菱オフピステ“裏黒・URAKURO”は、自己責任エリアとなります。
  • エリアのOPEN/CLOSEは、パトロールによるゲレンデチェック(積雪状況・気象状況など)を考慮し、当日決定いたします。
  • 雪崩危険度及び、気象状況(強風情報・注意危険など)により、途中CLOSEする事がございます。
  • エリア北側は、ポール・看板にて規制されております。それより北側は、立入禁止区域となります。八方エリアルールが適用となりますので、立入らないようご注意下さい。

リーゼングラートコース

リーゼングラートコース
  • 斜度最大30度/平均13度
  • 難易度中級
  • 最長距離600m

ゲレンデ最上部、標高1,830mからの眺めは、白馬三山や五竜岳、鹿島槍ヶ岳を背に東には雨飾山、火打山、妙高山、戸隠山、そして噴煙を上げる浅間山や八ヶ岳連峰まで見わたせます。目の前に広がる大パノラマは思わず息をのむ美しさです。新雪が降った後は極上のパウダースノーもお楽しみいただけます。

リーゼンスラロームコース

リーゼンスラロームコース
  • 斜度最大30度/平均20度
  • 難易度中級
  • 最長距離3,050m

八方尾根を代表する看板コース。標高差800m、全長3,000m、幅広のロングコースは斜面変化に富んだ大人気コース。最大斜度が30度もありますが、コース幅が広いため、思ったより怖くない。営業開始と同時にノンストップで滑り始める光景も八方名物の一つ。人気のコースなので、平日でも9時近くになると人が多くなりスピードの出しすぎには注意が必要。迂回コースもありますので、初級者でも挑戦できます。

オリンピックコースI

オリンピックコース I
  • 斜度最大35度/平均31度
  • 難易度上級
  • 最長距離2,998m

1998年2月に開催された冬季オリンピックの男子滑降コース。パノラマコースからルッシジャンプを超えて廊下状のコースを通り最後に国際ゲレンデへと滑り下ります。最初は緩やかで気持ちよく滑れる斜面が続きます。最後には、オリンピックにふさわしいコースが待っています。上級としてはこの最後の斜面を軽やかに滑り降りたい。自然の地形を生かした、ねじれた片斜面。通称「コクイチ」、迂回路なし、オリンピック男子滑降のゴールエリアへと一気に滑り降ります。

オリンピックコースII

オリンピックコース II
  • 斜度最大35度/平均31度
  • 難易度上級
  • 最長距離2,648m

1998年2月に開催された冬季オリンピック女子滑降コース。現在はFIS、全日本の大会バーンとして使用されています。パノラマコースから一気に急斜面へ通称「パノ急」別名「たてっこ」馬止めジャンプまで一気に滑り降ります。コース最後は斜度の緩やかな廊下が続きゴールは咲花ゲレンデ。初心者は迂回コースがありますのでそちらをご利用ください。

セントラルコース

セントラルコース
  • 斜度最大27度/平均17度
  • 難易度中級
  • 最長距離1,800m

パノラマから白樺、ゴンドラリフト「アダム」八方駅に連結する最短コース。

「僕のホームゲレンデ(笑)1日のうち必ずセントラルを滑る時間があるといっても過言ではないくらい、好きなコース。魅力は綺麗に整地された急斜面のハイスピードロングターンとスキーヤーズレフトの林沿いに最大斜度を迎えるが、そこでの落下を身体で感じながらショートターンが最大の魅力。急斜面だけに、降雪の後のパウダーランも最高。そしてセントラルにできるコブは、落差・スペースが大きい上級向けのコブとなる。八方の中で朝から夕方までに日照の関係で一番雪質の変化があるバーンかもしれない。朝はハードでも日中は緩み、夕方は日陰になるとともにまた締ってくる。春でも朝はハードで、緩みがはやく、春ならではの楽しいウォータースノーが楽しめるコースでもある。(トップデモ・丸山 貴雄:談)

パノラマコース

パノラマコース
  • 斜度最大25度/平均16度
  • 難易度中級
  • 最長距離2,000m

中級にも人気のゲレンデ。ゴンドラを降りて最初の足慣らしには最適で、平均16度の斜面は、カービングターンの練習にも最高。迂回路の林道コースも整備されているので、「滑る」「止まる」「曲がるが」できるようになれば安心してチャレンジできるコース。急斜面を迂回すれば10〜15度の斜面となり、初級者でもチャレンジできる。

スカイラインコース

スカイラインコース
  • 斜度最大32度/平均16度
  • 難易度中級
  • 最長距離8,000m

黒菱から咲花まで、全長6kmに及ぶロングダウンヒルが人気のコース。すり鉢状の圧雪された本コースは、コース長さ、斜度、アンジュレーションが魅力です。尾根筋は通称「ラウター」と呼ばれる未圧雪のバーン、パウダー狙いには最高のコース。新雪が降った朝は真っ先に滑りたい。黒菱からは、林道の迂回コースが咲花まで続いており、初心者でも安心してチャレンジできる。
今年よりSKYLINE the BANKSもOPENし、より一層楽しみ方の幅が広がった。

北尾根コース

北尾根コース
  • 斜度最大31度/平均15度
  • 難易度上級
  • 最長距離2,915m

八方の中でも抜群のロケーションを誇るコース。コースの入口である北尾根高原からは、目の前に広がる北アルプスや白馬のシンボルである白馬三山が佇む雄大な景色を楽しむことが出来る。咲花ゲレンデに降りるコースは、上段、中段、下段からなる急斜面で、大きなコブが特徴。初心者には林道の迂回コースがあり安心して下山できます。

兎平ゲレンデ

兎平ゲレンデI
  • 斜度最大31度/平均23度
  • 難易度上級
  • 最長距離800m

メインコースの一つでもある通称「うさぎ」は黒菱と並ぶ名物コブコースが正面にあります。モーグル公認コースで上村愛子選手を育てたチャレンジしがいのあるコースです。「モヒカン」を間に整地とコブを選んで滑れます。パウダーの時はうさぎ新コースがおすすめ。

「基本的に不整地になっていることが多い新コース。なんといっても魅力は降雪の後のパウダー急斜面を基本とした複雑な地形が、パウダーの中では楽しさに変わる。コースの端から端まで、それぞれに特徴がある地形をしているので、フルに楽しめるコース。そして、新コースのコブは、3段階の魅力がある。コース序盤は中斜面のイージーなコブとなり、トレーニングには最適。中盤は均等なコブが並ぶことが多く、終盤は斜度の変化とともに、落差の大きい不規則なものとなる。最後の落ち込みは、難易度が高いエキスパート向き。挑戦しがいのあるコブ斜面となる。(トップデモ・丸山 貴雄:談)

黒菱ゲレンデ

黒菱ゲレンデI
  • 斜度最大31度/平均27度
  • 難易度上級
  • 最長距離500m

黒菱第3エリアは、うさぎ平と並ぶ八方名物のコブ斜面。「モンスターバンプス」黒菱のコブをマスターすればあなたはもう八方名人!たくさん出来ているコブでもラインは何十通り・・・。リフト側は斜度もきつく、リフトに乗っている人の注目度も◎。パウダーの日はコブも埋まりパウダージャンキーに大人気。黒菱第2エリアは対照的に緩やかなフラット斜面。練習には最適なバーン。北向き斜面なのでいつでも雪質は良好。

名木山ゲレンデ

名木山ゲレンデ
  • 斜度最大35度/平均17度
  • 難易度初級
  • 最長距離560m

コースサイドにレストランが立ち並ぶ八方尾根スキー場の入口に位置するゲレンデ。初級者ゲレンデと思いがちですが上級でもガチに滑れるコースもあります。通称「ナキカベ」と呼ばれる「名木山の壁」は中壁、大壁があり大壁は未圧雪。技術選、検定にも使われ、短い距離ですがすべり応えはあります。夜はナイターゲレンデに。正面にはスクールと無料大駐車場もあります。

白樺ゲレンデ

白樺ゲレンデ
  • 斜度最大20度/平均11度
  • 難易度初級
  • 最長距離590m

八方の末広がりのまん中に位置し縦に別れた3つのコースが特徴です。ステップアップに応じてコース選びができるから、グループでレベルが違っても同じゲレンデでみんな一緒に楽しめます。広いゲレンデを大きく使ってカービングの練習をしましょう。ゴンドラ「アダム」のすぐ横なので、登る前の足慣らしにも最高です。

咲花ゲレンデ

咲花ゲレンデI
  • 斜度最大18度/平均10度
  • 難易度初級
  • 最長距離400m

広々とした緩やかな斜面は、初心者やちいさいお子様の「八方デビュー」にピッタリ!!「なれる」「ころぶ」「すべる」「とまる」を体験してみましょう。安心の「ゆっくり動くリフト」でソリやチュービングなど雪遊びも楽しめます。キッズゲレンデ、キッズルーム、スクール受付など充実したエリアです。

咲花キッズパーク

キッズパーク(咲花)
  • 最長距離200m

安全ネットでセパレートされたチビッコ向けゲレンデ。安全で楽しくスキーができる。動く歩道あり。(入場料¥500)

キッズパークの詳細はこちら

うさぎ平キッズパーク

ゴンドラ山頂駅すぐ横!レストハウスも隣接しているので安心して利用できます。(入場料無料)

HAPPO BANKS THE SNOW PARK

HAPPO BANKS THE SNOW PARK
  • 最長距離465m

バンクを中心にレイアウトされた、唯一無二のスノーパーク。
コースの「どこで何をするか」は自由。ラインのチョイス次第ではジャンプポイントも潜み、バンクのリップを使えばジブトリックも堪能できる。

HAPPO BANKS THE SNOW PARK特設サイトはこちら

SKYLINE the BANKS

HAPPO BANKSのコンセプトを基に、今シーズンはスライラインコースにも展開!
HAPPO BANKSのOPENが待ちきれないあなたも、シーズン初めはスカイラインで楽しもう。

北尾根高原スノーラフティングパーク

北尾根高原スノーラフティングパーク

スキー場での楽しみ方は、スキー・スノーボードだけじゃない!
パーク内では、スノーラフティング、ファットバイク、スノーシューなどが体験できます。
家族や友達と一緒に大迫力のアトラクションを思いっきり楽しもう。(2月下旬OPEN/入場料¥1,000・ラフティング1回付)

北尾根高原スノーラフティングパークの詳細はこちら