トレッキングガイド

白馬連峰の唐松岳から四方八方に尾根が延びていることから名付けられたという「八方尾根」

白馬三山を水面に映す八方池までのハイキングコースは、日本百名山の11峰が見渡せる絶景スポットが点在しており、澄んだ空気の日には第1ケルンから「富士山」も望めます。

また、黒菱平から上部は中部山岳国立公園であるとともに、長野県天然記念物に指定され、ここにしかない固有種や可憐で貴重な高山植物をはじめ、特別天然記念物の日本カモシカやライチョウなどの動植物が多数生息しています。

Green Season 2021 白馬八方尾根ルートガイド(2021.6.4 掲載)

白馬八方尾根ルートガイド

白馬八方尾根のグリーンシーズン用ルートガイドです。
Green Season 2021 白馬八方尾根ルートガイドのダウンロードはこちら

八方アルペンライン

八方アルペンライン

全長3,445mの空中散歩
標高770mの山麓から1,830mの八方池山荘へ、標高差1,060mを一気に極める八方アルペンラインは、北アルプスの展望台への身近なアプローチです。

黒菱スカイライン

黒菱ライン

標高1,500m、マイカーで黒菱へ
黒菱駐車場(普通車約200台駐車可能)からリフト2本で八方池山荘へ。八方尾根へ至るもうひとつのアプローチ、それが黒菱スカイラインです。

北尾根高原

北尾根高原

※2021グリーンシーズンの営業を見合わせとさせていただきます
詳しくはこちら